第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』

こんな俺をまだ父と…「手塩にかけた娘が~」第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして【無料ネタバレ・感想】

手塩にかけた娘が3



 

本記事は、小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の最強タッグの最新作、「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』のあらすじと感想です。

 

手塩にかけた娘が自分の子じゃないと知った俺は、かつて娘と思い育て上げた陽葵を自分の性欲のはけ口にしていた。

 

泣きながら抵抗する娘を力づくで犯しているのだ!

 

初めてのセックスに痛がる陽葵を俺は容赦なく突き上げた!!

 

\ 「手塩にかけた娘が~」ブッコミだけの先行配信!
画像をタッチで35ページ以上が試し読みできる



1話88円 全11話968円で読めるよ♪

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして あらすじ

 

お父さん、やめてっ

 

必死で懇願する陽葵に俺は容赦なくイキリ勃った薄汚れた肉棒を突き立てた!

 

いやっ!・・痛いよ・・・父さん・・・痛いの・・・おねがい・・・

 

俺がバックで突き上げると、陽葵の肉穴は次第にスムーズに抜き差しが出来るようになってきた

 

今まで当たり前のように顔を合わせてきた陽葵を、他人と知ったことで今は、違う感情で見ている俺。

 

今、俺を動かしているのは肉欲だけだった!

 

インサートを続けるうちに、陽葵も俺の肉棒を吸い上げるように腰を動かし始めた

 

恐らく体が勝手に反応しているのだろう・・・

 

 

今の俺には理性という概念はこれッぽっちもない。

 

あるのはメスを求める生殖本能だけだった!

 

セックスするためだけに、お前を育ててきたんだ!!わかったか!お前は俺の家畜だ!!

 

俺は最愛の娘だったメスに罵声を浴びせながら激しく犯した

 

ジュクジュクになったマ〇コに肉棒を擦りつけながら

 

いいか、この肉穴は男のチ〇ポを擦りつけるためにあるんだ!・・・俺のチ〇ポを突き刺すための穴なんだぞ!

 

こんなにいやらしくオマ〇コ をヌメヌメにして!お前はいやらしいメスだよっ!

 

お前の母親にそっくりだ

 

陽葵おまえの母親は性欲旺盛な女だった

 

付き合っていたころは、毎晩のようにオレのチ〇ポを欲しがった!

 

要は好きモノだったってわけだ

 

お前もそうなる運命なんだ!!

 

やめてっ!・・・お父さんっ!

 

俺は陽葵を仰向けにすると、大きく股を拡げクリトリスを指でコリコリしながら抜き差しした

 

クリクリっ・・・クチュ・・・ニュプッ・・・くうぁぽッ

 

するとクリが性感帯なのか陽葵も顔を真っ赤にして高揚させていた

 

そのまま激しく腰を振り、やがてフィニッシュの時を迎えた!

 

俺は陽葵の膣内なかに大量の精液をぶちまけた!!

 

陽葵は顔を手で覆いながら涙を流していた。。。

 

俺は射精すると不思議と冷静になった。

 

俺は陽葵から離れると立ち上がった。

 

陽葵はうつむ背に倒れこんだまま肩を揺らしていた・・・

 

お父さん・・・お父さん・・・

 

そう言って泣いていた・・・

 

俺は警察に自首するつもりだった・・・

 

もう二度と陽葵に会う資格もない・・・

 

俺はテーブルに封筒を置くと家を出た・・・

 

 

ドーンッ!

 

玄関のドアがすごい勢いで開いた!

 

お父さん、どこに行くのっ!!

 

・・・陽葵・・・すまなかった・・・

 

俺は振り返らずにそう言った・・・

 

他人だと分かっても、今までずっと娘と思って育ててきた陽葵を・・・俺のすべてだった・・・娘を・・・自分の手で・・・傷物にした・・・その背徳感が俺を支配した・・・

 

け、警察に行く気なんでしょッ!?

 

私・・・さっきは動揺したけど・・・お父さんのこと・・・怒ってないよ・・・

 

だから・・・今まで通りに一緒に暮らそうよ・・・

 

お母さんにも言わないよ・・・

 

だからっ!!・・・どこにも行かないでよっ!!・・・お父さん!!・・・

 

(こんなひどい・・・俺を・・・まだ・・・そう呼んでくれるのか・・・)

 

 

\ チンジャオ娘はブッコミだけの先行配信!
画像をタッチで35ページ以上が試し読みできる



1話88円 全11話968円で読めるよ♪

 

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして 読んでみた感想

 

ちょっ・・・ちょっちょっと、何なんですか?この展開・・・

 

無理やり犯しておいて、去り際に急に我に返り「すまなかった」って

 

謝ってすむなら警察いらんでしょw

 

けど、このシーンはなんかぐっとこみ上げてくるものがありました・・・

 

ココまで、鬼畜の所業としか思えないことを、他人とは言え、一度は娘と可愛がってきた陽葵にしておきながら、本当は苦しかったんでしょう・・・

 

オトナとはいえまだ未熟な人間。

 

予期せぬ事実を知ったことで心が壊れてしまったのですね。

 

とはいえ、それは言い訳になりませんが、当の被害者である陽葵はそんな父親でも、自分にとってはかけがえのない父親?というより今回のことで男として見るようになったのか?

 

いずれにせよ、陽葵はこの男のことを愛しているわけですよね。

 

だからこれまで通りに一緒に暮らそうと言ったわけですから。

 

陽葵の気持ちはもちろんですが、この時の男の気持ちはどうだったんでしょうか?

 

陽葵がかけた、やさしい言葉を聞いて、男の心はもっともっと苦しくなったに違いありません。

 

ココからどういった展開が待っているんでしょうか・・・

 

\バックで突かれるエロい姿はココ
画像をタッチで35ページ以上が試し読みできる



1話88円 全11話968円で読めるよ♪

 

第4話ネタバレ
手塩にかけた娘が4
どこにも行かないで…「手塩にかけた娘が~」第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから【無料ネタバレ・感想】

  本記事は、小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の最強タッグの最新作、「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明し ...

続きを見る

-第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』
-, , , , , , , ,

Copyright© 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【クマネコ&チンジャオ最新作】無料ネタバレまとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.